大学生におすすめの「学校」を紹介します

建築学校では夜間でも授業があるので大学生でも

建築学校では夜間でも授業があるので大学生でも ダブルスクールと言う事があります。
それは建築学校などにもいえることであり、この場合、ダブルの学校でどちらかは夜間などでも授業がある必要性があります。
そうした意味において大学生でもまた別途、建築学校に通うことができるでしょう。
建築学校と言うのはどんな事を学ぶ事ができるようになるのか、といえば目指すのは建築士になります。
建築士なのですが学校に通う事がほぼ必須のようなところがありますから、これは間違いなく通う価値があると言えるでしょう。
そして、夜間にも授業があると言うのはかなり重要になります。
何故かといいますと都合よく学ぶことができるからです。
カリキュラムとしてこなす必要性があるようなものがいくつもあるわけですが、それは授業に参加する事、単位をとる事になるわけですから、とにかく授業のコマ数が多いということが重要なポイントになります。
建築学校には夜間学校のものがあるのですが、これは通うのが2年になります。
当然、結構な費用がかかることになりますし、大学生であれば昼間は別の大学へ、と言う事になりますから物凄く大変でしょうが建築士になる事ができればそれは十分にリターンが期待できる職業の資格となるのです。

建築学校の夜間部に通う大学生のスケジュール

建築学校の夜間部に通う大学生のスケジュール "建築学校には昼間部だけでなく夜間部もあって、月曜から土曜日の午後6時ぐらいから9時ごろまで授業をします。
働きながらでも受けやすい時間帯なので年齢や職種など色々な人が通っています。
中には大学生もいて昼間は通常の大学に通い、夜は建築学校で資格取得を目指している生徒も珍しくありません。
授業は昼間部と同様に大変充実しているので高い知識と技術も得られて、2級建築士の受験資格も卒業と一緒に得られます。
昼間と同じ一流の講師による理論や知識、製図など優れたカリキュラムを受けられ、2級の資格を取得してから実務経験が4年あれば1級建築士の受験資格も得られます。
学費なども専門実践教育訓練給付金などがあってかなり抑えられているのが特長です。
学校によってカリキュラム内容は異なってきますが、1年目の前期は建築やデザインの基礎、後期により実践的な建築やデザインの応用を学びます。
2年目は作品に自分の個性を活用することを勉強して、卒業制作や資格対策の授業があります。
CADを使って建物の形を立体的に学んで最先端の技術の習得や、設計製図では詳細な図面を描いて読み解く力を身に付けます。
他にも建築測量で取り扱い方を実際のフィールドで学んで、データの調整計算や図面作成などの実務能力も養っていきます。

建築について興味を持たれた方はこちらも

東京で夜間に学べる建築学校